業績欄の見方について

 

会社四季報や日経会社情報に掲載されている情報は、限られたスペースの中に上場企業の様々なデータが網羅されていると言えます。
一社ごとの情報は幾つかの項目に分けられています。株価欄や配当欄などは、特に投資の初心者などが気にしがちなところではありますが、その企業の成長度合いを見極めるために、まず注目するべき項目が業績欄です。
見方として、左側の売上はその企業の一年間の売上高です。その横の営業利益は売上から売上原価や管理費などを差し引いた利益額です。この営業利益が増益であるかどうかが、その企業の収益力を判断する基本となります。更に経常利益は営業利益から営業外損失を加減した利益となり、その経常利益から特別損益まで加減し、税金を差し引いたものが最終的な純利益です。
純利益を発行済みの株式数で割った数値が1株あたり利益です。四季報などでは1株益と表記されています。業績の中で株価に最も影響を与えるのが、この1株益と言われ、株価が上昇し続けている企業は、ほぼ例外なく1株益も順調に上昇しています。
まずは営業利益が増益しているか否かで企業の収益性を確認し、その増益率と1株益まで注目することで、その後の株価の変動を予測するのが基本的な見方ですが、一年だけの業績ではなく、過去の実績も見ることも重要です。

 

コメントは受け付けていません。