株価推移・チャートとは

 

近年、インターネットの普及に伴って株取引もスムーズになりました。スマートフォンやタブレット端末での株取引が可能となり、わざわざ窓口へ行かなくても取引ができるようになったのです。
株取引では、東証一部へ上場している企業の数で株価の合計を割って株価の平均を算出しています。この株価の平均は株価指数と呼ばれ、日本経済の指数になっています。ですから、日本経済を知るためには株価指数を考慮する必要があるのです。
日本経済が回復すれば、株価指数も上昇しますが、一方で経済が不安定な場合には株価指数も下落します。この株価の上昇や下落を株価の推移やチャートと呼びます。
株取引をされる上では、企業の連日の株価推移が基になります。さらに、日経平均株価の推移によっても、企業の株価は変動しやすくなりますので、日本経済全体から企業の株価がどうなるのかを予測する必要があります。
アメリカなどの外国株価指数も、日本の株価指数に影響しやすいといえます。ですから、いくつかの主要な国の株価指数も参考に日本の企業の株価もチェックします。輸出や輸入をしている企業は特に外国企業との連携が密接ですから、日本国内の株価指数だけでは株取引での利益を得にくいといえます。日経平均株価は1時間ごとの株価平均のチャートは時間ごとで見やすくなっています。

 

コメントは受け付けていません。