会社の収入と支出について

 

会社四季報や日経情報は、個別の企業の状況を確認するためには有効な情報が詰まっています。この中でも業績欄をチェックすることで、企業の経営状態を確認できます。企業は支出と収入のバランスがどうなっているかが、経営状態を知る中でも最も重要な情報です。
業績欄の中には、過去にその企業でどのような利益を得てきたかの情報が書かれています。業績欄には、売上高と営業利益と経常利益というものが書かれています。まず売上高は、1年間でどれだけ商品を販売したかについて書かれています。
続いて営業利益とは、原材料をはじめとした商品を作るためのコスト、広告宣伝費、人件費といった一般的な経費を差し引いた利益のことをさします。最後に経常利益とは、商品を販売するという営業活動以外のお金の出入りをすべて含めた利益です。例えば銀行預金による利息や配当金、借り入れをしている場合には利息の支払いなどを足し引きしていきます。
このようにいろいろな利益や経費を見て、その企業の経営状況はどうなのかを判断します。企業の経営状況が良好であれば、株券を購入して投資をしても利益の発生する可能性は高いです。このように企業の分析をしっかりと行って、株式運用をしていくべきです。

 

コメントは受け付けていません。